「異動なら仕事辞めたい」転勤・異動の有無は就職前に確認を!

 

転職して理想的な場所に職場を見つけることができて満足していたものの、働き始めて間もなくして異動を言い渡されてしまうということがあります。自宅から近いことや周辺環境が良いことを優先して職場を決めたというときには、異動や転勤になるくらいだったら仕事辞めたいと考える場合もあるでしょう。
まだ独身でどこで働くことになっても構わないという人でない限りは勤務先がどこかは仕事を決める上で重要な要素になります。勤務先が望み通りではないという理由で仕事辞めたいと思い始めてしまわないようにするために、仕事辞めたいから転職をするときには予め職場の事情を確認しておくことが大切です。支店等がある場合には多かれ少なかれ転勤や異動がある可能性があるでしょう。その内情がどのようになっているかを確認した上で転職先を決めるのが大切です。
転職の際に不利にならないかと考えられてしまいがちですが、面接のときにどのような仕組みになっているかを聞いてみるのが最も単純明快な解決策です。転勤や異動が仕事辞めたいと考えてしまう理由になるのなら、面接でその有無を聞いたり、発令されたときに断れるかを確認したりしたのが理由で不採用になるのはそれほど痛手ではありません。むしろ仕事辞めたいと思わないように転職先を選ばなければならないからです。支店が多いからといって必ずしも異動や転勤が頻繁にあるわけではなく、年齢や家族構成によって除外するという考え方を持っている企業もあるので詳細を確認しましょう。